佐藤 由紀子 先生

「ナグモ歯科赤坂クリニック」について教えてください。

当院は「パンキーフィロソフィー」に則って、知識や技術だけでなく、患者様が何に悩んでいて、何を望んでいるのか、ということを考えて医療を提供しています。
パンキーフィロソフィーは、「service above yourself.(汝の欲するものを与えよ。)」という言葉から始まります。つまり、自分がしてほしい医療をするということですよね。「悪くなってからできるだけ安く治してもらう」というのが日本の医療の中心ですが、私たちは、なるべく早く兆候に気付き、なるべく何も失わないうちに健康や美を取り戻してほしいと考えているんです。

予防が大切、ということですね。

はい。当院は、予防を中心に健康づくりをすることを大切にしており、とくに噛み合わせや歯周病の治療に力を入れています。
医師にとって一番大切なことは、「治療」よりもまず「診断」ができることです。診断して先が読めれば「予防」という先手を打つことができます。私たちはその方をよく調べてその方の傾向を読みとり、どんな対策を打ったらいいか、知識やケアの方法をお伝えしています。

歯の問題を放っておくとどうなるのですか?

歯科の問題には、健康・機能・美の3つがあります。噛み合わせが悪いと、歯並びや歯が悪くなりますし、あごがずれて顔が歪むと、メンタル面でも自信がなくなってしまいますよね。それに、しっかり噛めずにあごの動きが悪くなると、頭痛や肩こりなど全身の問題につながります。歯周病菌が蔓延した状態で歯ぐきから出血するような状態だと、身体の中に菌がまわり、慢性的な炎症がある状態が続きます。それが健康や老化、寿命に影響を及ぼします。ですから歯科は、一人ひとりが自分の力を発揮し、健康に自己表現をして生きていくことに大きく関わっているんです。

シトラバスターを選んだ理由は?

何かを選ぶときに心掛けていることは「質」です。医療の質もそうですが、「シトラバスター」も質の面で評価しています。アルコールは安価ですし、どこでも手に入りますが、口の中で使うと乾燥しやすいんです。「シトラバスター」は自然のものを使っていますから、肌に触れても手が荒れないし平気です。長く繰り返し使うことを考えると、安全なものを使いたいですよね。自分の健康を考えたら、値段だけでなく質を考える必要があると思っています。すべては健康な身体あってのことですので、自分の健康や安全には投資をしていただけるといいですね。


歯科衛生士
田島 菜穂子さん

シトラバスターとの出会いは?

6.7年前からシトラバスターを使い始めました。歯科では長年「何かあればアルコールをかければ安心だ」というような考えがありました。しかし、口腔を扱うので必ずしもアルコールがベストではないですし、手荒れも気になります。アルコールに代わるものを探す中で、シトラバスターと出合いました。

「アルコールがベストではない」とは?

アルコールはタンパク質を凝固させるので、最初に使うと血液が固まってしまいますし、刃物が錆びたり刃がダメになったりするリスクもあります。それに、革製品やソファにシミがつくのも嫌ですよね。なので、器具に安全に使えて、人が触れる場所でも問題がなく、吸引しても心配がなく、環境にやさしいものを求めていました。

シトラバスターを選んだ理由は?

シトラバスターは、抗菌・抗ウイルス効果に対するきちんとしたエビデンスがあったので信頼できました。これまで他の製品も使ってみましたが、証明できなかったんです。いいなという「体感」と「実際のデータ」は別ですよね。それが一致しない限り、当院では使えません。シトラバスターは熱心に研究されていることも知っていましたし、最新の情報も提供いただけていたので、導入することにしました。それからはずっと使い続けています。

シトラバスターをどのように使っていますか?

人が触れるところ、口の中に入れるもの、機器、マスク……何にでも使っていますし、自分たちがいいと思うので、患者様にも販売しています。
ウイルス感染症が流行した際には口腔ケアが非常に重要です。当院の患者様には「今、何をすべきか」をお手紙でお伝えしたのですが、その際にシトラバスターのパンフレットも同封し、「ご希望があればお譲りします」というご案内をしたところ、多くの患者様からリクエストをいただきました。また、当院にお越しいただいた方には小分けにしてプレゼントしました。

シトラバスターの好きなところは?

刺激がなく、無味無臭という点が気に入っています。また、エビデンスがあり、出所がはっきりしているので、安心して使える点が大きいですね。患者様からは「手荒れしないのがいい」という声をお聞きします。小瓶に分けて持ち歩けるので、出先ですぐに使えることが安心感につながっているようです。

田島さんならではの使い方を教えてください。

私はマスクの中と外に吹きかけています。マスクをしていると口が乾きますよね。高齢の患者様はとくに、お話していて咳き込んでしまうこともあるのですが、まずマスクにしっとりするまでスプレーして、乾かしてからマスクをつけるといいですよ。保湿になりますのでおすすめです。